ラーメン燈郎 つめたいわん+チキンステーキ(限定)

140904燈郎 つめたいわん1

定期券から外れており、人気店で行列必至のため、近くながらもなかなか行かないラーメン燈郎ですが、ずっと気になる限定ラーメンがありまして、会社を半休して行くことにしました(ラヲタ街道まっしぐらです)。

燈郎では木曜日に限定で「台湾まぜそば」を出しているのですが、今年ははこれが冷やしにアレンジされて「つめたいわん」として提供されているようでした。「台湾まぜそば」自体も食べたことがないのですが夏が終わるまでに何とか食べたいと思っていました。前回に続き、限定に弱いですね。

9月4日木曜日、午前10時30分頃到着、先客4名(凄いな平日なのに。。)

140904燈郎01 140904燈郎02

開店15分ほど前になると食券を購入することができました。燈郎の通常メニューは二郎インスパイア系なのですが、もちろんこの日はつめたいわん中(850円、400g)を購入。更に気になっていた限定チキンステーキ(250円)も購入。つめたいわん、って中々良いネーミングセンスですよね。

店員さんが「つめたいわんのために来てくださったのですか?」気さくに声をかけてくれました。「はい、半休取ってきました」と答えると「店長と頑張って作ります」と嬉しいやりとり。他にも並ぶ客皆に声をかけるなど、なかなか印象の良い方でした。

140904燈郎03

11時開店と同時に着席。後列は20名ほど続いており、前4名を含めほとんどがつめたいわん狙いなのですが、通常メニューを頼む人も多く人気を伺わせます(改めて平日なのに凄いな)

「残暑の果実」という酸味の効いた二郎系ラーメンをやるようでした。凛で食べたポン酢みたいな感じでしょうか。気になるのでハードルは少し高いですが、再訪しようかしら。。

140904燈郎04

調味料はブラックペッパー、一味、お酢、カエシ、ラー油、魚粉。魚粉と卓上カエシボトルは二郎系なら嬉しい調味料ですね。

140904燈郎05

食券購入時にあらかじめ渡していたためかあまり待つことなく8分ほどして到着。つめたいわんです!

850円とは思えない豪華なトッピングで、一燈グループお得意の低温調理チャーシュー大量、輪ネギ大量、ニラ大量、刻み海苔に魚粉がかかったの、スパイシーな肉そぼろ、刻みニンニク(デフォで入ります)、卵黄と盛りだくさんです。具材は温かいものはなく、全て冷やしで構成されています。

140904燈郎 つめたいわん1

つめたいわんのチャーシューアップ。私は低温調理チャーシュー苦手なのですが、一燈・燈郎のものは肉感をかなり残しており塩分もほとんど感じないローストビーフのような調理ですのでここのだけは好みです。単品で売って欲しいレベル。ちなみに暖かくないのですが、とても柔らかく豚の旨味をそのまま味わえます!中々、生(のような)豚肉って食べられないですからね。

140904燈郎 つめたいわん2

チキンステーキも同時に配膳。外は照り焼きに仕上がっていてカリカリで味がついており中のチキンは蒸し上げられてあるのか、フワッフワです。これもクリスマスとかに持って帰りたいレベル。モモ200gブロックを豪快に使っており、ラーメンを中盛にして結構肉々しかったので少し重かったですが、頼んでよかった。

140904燈郎 チキンステーキ

麺は二郎をとても意識した2.5mm幅ほどのピロピロ気味平打ちストレート麺。少し二郎のものよりは加水率が高くもっちり食べやすい印象で、冷水でよくシメられており少し固めで冷たいわん。山椒が和えられています。

140904燈郎 つめたいわん3

台湾まぜそばでありますので、よーくまぜて食べます。

肉そぼろは麻辣な仕上がりで、辛さとシビレがとってもいい感じ。ゴマ哲の肉そぼろほどではありませんが、花椒、唐辛子など色々なスパイスが入っており結構な辛さですが旨みたっぷり。ラー油も入っているのに加え、生のニラ、ニンニク自体も結構辛いものだったため、全体的にスパイシーな一杯に。そこを豆乳ベースのちょっと甘いクリーミーなゴマだれがマイルドに支えてくれ、辛いながらも食べやすい優しい味になりました。

汁なし系のためタレも肉そぼろも塩分は高めですが、麺の量が多く具材に味付けはないため、混ぜるとちょうどいい塩梅に。

140904燈郎 つめたいわん4

このあと会社なのに、チキンステーキを投入して中々肉々しいビジュアルに。スパイシーなため、量が多いながらも肉そぼろや低温調理チャーシューが進みます。かなり美味しい。

140904燈郎 つめたいわん5

なんとシメにプチライスを頼めます。これで850円かぁ、さすが限定、凄い…。大体100gないくらい。

140904燈郎 つめたいわん6

それをどーん!麺とは違った印象で、スパイシーな旨みが温かいご飯に各具材にこれまたよく合います。お腹いっぱいですがご飯も進む進む。台湾丼として、ご飯ベースで食べてみたいくらいですね。

140904燈郎 つめたいわん7

仕事前だというのに大満足して完食。また食べたいわん。ちなみに食べているうちにつめたいわんは売り切れました。人気すぎです。

140904燈郎 つめたいわん8

■総評
限定らしくすさまじいコスパを誇る、夏にピッタリな冷台湾でした。スパイシーながらも豆乳ベースのタレを使うことで辛さを全体で抑えバランスをとるアイデアはさすが有名店と思いました。具材もこれでもか!というくらい入っており、特にコストの高そうな低温調理チャーシューや肉そぼろも余すことなくたくさん乗っていて嬉しい印象。肉そぼろは様々なスパイスを使っており濃いめな味のため二郎系の麺によく合う味付けで、これは夏以外にやっている温かい方も絶対に食べたいと思いました。シメのご飯は嬉しすぎるサービス、よく合うのでたくさん食べられない方も麺を少なめにしてご飯を食べて欲しいです。限定のチキンステーキも肉のプロが調理したような高レベルな逸品でした。

マイナスポイントはニラとニンニクの辛さも際立ってしまったことでしょうか。香味野菜は鮮度がいいと辛さが立ってしまうため、少しこの点だけが残念です。

完成度の高い一杯で、夏・さらに木曜日限定と社会人ラヲタにとっては高過ぎるハードルですが、半球を取得して行ってきた価値は十分にあると思っています。またラーメン休暇を取って行きたいと思ったダメリーマンでした。

■情報(投稿当時のものです)
ラーメン燈郎
東京都葛飾区東新小岩1-1-1
営業時間 11:00〜15:00,18:00〜23:00
定休日 なし

カテゴリー: ラーメン タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください