Windowsを再起動すると1130エラーでMySQLに接続できなくなる

このブログを自宅サーバで復活させるために、CentOSで稼働していたMySQL 5.1.73のmysqldumpを、Windows 10のMySQL 8.0.11にインポートして使おうとしたのですが、おかしなことになりました。

インポート直後、MySQLは正常に稼働しているのですが、Windowsを再起動すると下記のようなエラーが出てデータベースへの接続やログインができなくなる症状になりました。

MySQLを再インストールしてもう一度mysqldumpをインポートすれば直るのですが、毎回再起動かかるたびにこれではマトモな運用ができません…。いろいろ試して下記の原因と対処を突き止めました。

原因

mysqldumpをインポートしたときに、MySQL 8の管理テーブルの情報を、MySQL 5の管理テーブルの情報で書き込んでしまって、壊してしまったようです。MySQL 5のmysqldumpをインポートせずに再起動したときは、普通に接続とログインができたので、もしやと思ったのです。

対処

  • mysqldumpでインポートして再起動するまではログインができるので、まずはMySQL 5のmysqldumpのバックアップを普通にインポートします。
  • mysqldumpで本来インポートしたいデータベースだけをエクスポートします。下記の例ではDB名wordpressをエクスポートしています。
  • MySQL 8を再セットアップします。
  • MySQLにログインして、CREATE DATABASEでインポートするデータベースを作成します。作成したらexitでmysqlコマンドを終了します。下記の例ではDB名wordpressを作成しています。
  • データベース名指定で、エクスポートしたデータベースをインポートします。下記の例ではDB名wordpressをインポートしています。

これでWindowsを再起動しても、問題なく接続やログインができるようになります。症状でググっても解決策が出てこないので、かなりの時間を費やしました…。

カテゴリー: 自宅サーバ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください