iTunes Storeで買った音楽の音量がiPhoneで聴くと小さい場合の対処

私は最近まで、CDを買ってリッピングしてMP3にしたあとにiTunesに音楽を取り込んで、iPhoneと同期して聴いていました。

ただ、最近はアニソンなどでCDまるごとはいらないけど1曲だけ欲しい場合が出てきたので、iTunes Storeで曲を買うようになりました。今や当たり前過ぎて記事に書くまでもないのですが、ジャケット画像や曲の情報などが最初から設定されているので、iPhoneのミュージックアプリで聴くときに便利です。iPhone単体でダウンロードもできるのでPCのiTunes不要なところもいいですね。

それは良かったのですが、iTunes Storeで買った曲だけiPhoneで聴いたときに、自分でMP3から取り込んだ曲と比べるとなんだか音量が小さいのです。私は結構音量上げて聴くタイプなので、いいところまで音量を上げておくと、ポケモンGOなどの音が出るアプリを操作したときや、他の曲を再生したときにばくおん!!になって耳が壊れそうになりました。。

で、いろいろ調べた結果、iPhoneのミュージックアプリの「音量を自動調整」がONになっているとこの症状が起きる模様。本来は曲ごとの音量のばらつきを調整して、均一にしてくれる機能なのですが、iTunesで買った曲はなぜか一律して音量が下がってしまうようです。

OFFにする方法は以下の通り。設定アイコン→ミュージックを開きます。

「再生」の項目に「音量の自動調整」があるので、OFFにします。

これだけです。

なんかオフにすると改善するのって、名が体を表してない機能ですが、今後のOSアップデートで改善されることに期待したいですね。細かい音量調整は、Bluetooth接続できるイヤホンアンプできるので今のところ困っていませんが。

カテゴリー: PC・ガジェット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください